AWARDS WORKS

See there / ここに見る

kiyotaka watanabe

Interactive Engineer / AR Developer |Japan

OTHER PERSPECTIVE

DETAILS OF THE WORK

AWARDS 2021 FINALISTS

-「拡張現実」は 私にとって”技術”ではなく、"ものの見方" である -

自分は今まで幾つかのAR作品を作ってきた。
そして振り返ると、自分が世界とつながりを持てたのも「AR」がきっかけである。
ある時感じる、周りの常識のずれ、世界との断絶。
そんなことを日々感じる自分自身が、ARで見える世界を通じて、
新しい世界を垣間見て、それをきっかけに何かを作り、繋がり、断絶を超えてこれたと感じる。

「新しい見方」で世界を捉えることで、自分の世界が拡張されてきた。

この作品は、そんな自分をここまで連れてきてくれた「AR」と言う見方そのものを表現しています。
また、それを体験者が通じて見ることで、また別の見方を考えていく。
「見方」を作品の中に見つけることで、また見方そのものが拡張されていければいいなと感じています。

作品の超体験にはSTYLY Mobile(APP)が必要になります。体験方法はこちらをご覧ください。

CREATOR PROFILE

kiyotaka watanabe

Interactive Engineer / AR Developer |Japan

「新しい」技術を「面白い」体験へと落とし込む制作を行っているエンジニア。
特にAR技術を用いて、映画/ゲーム/漫画などの他ジャンルの「あ、見たことある!・あ、それ知ってる!」というものを「実際に体験できるもの」へと落とし込む方法を考案、作ることを得意として、活動している。

2016年より、クリエイティブユニット「KATAKOTO」としても活動。

主な受賞歴にXR CREATIVE AWARD 優秀賞、総務省異能vationプログラム ジェネレーションアワード部門 [企業特別賞] 、SOWN Best Technological Game Award等。

FEATURING WORKS

ファッション・音楽・映像・グラフィック・イラストレーション...etc
同時代のリアルな感覚を共有できるアーティストとともに創造する新たなカルチャー体験の作品群。

SELECT CATEGORIES

BACK TO TOP