AWARDS WORKS

Phosphorescent City

KAZUKI MOTANI

Speculative Urban Designer |Japan

OTHER PERSPECTIVE

DETAILS OF THE WORK

AWARDS 2021 FINALISTS

2045年、都市部では大量電力消費に対する環境的責任から、ソーラーパネルを登載するビルが一般的になった。そんな中、蓄光の基底状態への電子遷移を任意時間遅延させる技術が開発された。この技術を使用した建築ファサード用蓄光塗料「Phosphorescent Surface」の登場によって、日中の太陽光を吸収したファサードを、夜間に光源として使用することが期待されている。

このような未来においては、電力を光に変換する従来式の街灯やソーラーパネルは、無用の長物となるだろう。「Phosphorescent Surface」が普及する都市に佇む街灯やソーラーパネルは、大変ユニークなトマソンと言える。

本作品では、本技術を実験的に導入した未来の都市「Phosphorescent City」に没入する。街灯やソーラーパネルがトマソンと化し、ファサードが光源と化す、あり得る未来の都市を体験して欲しい。

作品の超体験にはVR HMDが必要になります。体験方法はこちらをご覧ください。

CREATOR PROFILE

KAZUKI MOTANI

Speculative Urban Designer |Japan

1995年愛知県生まれ。横浜国立大学 理工学部 数物電子情報系学科 電子情報システムEP卒業。東京大学大学院 学際情報学府 先端表現情報学コース修了。大学在籍時は信号処理を研究しつつ、結婚式場での映像制作、MVの監督・撮影・編集を経験。大学院ではスマートフォンを用いた屋内測位と行動認識を研究しつつ、インスタレーション制作や都市デザインの企画立案を経験。受賞歴にWIKITOPIA INTERNATIONAL COMPETITION 最優秀賞、IEEE GCCE2019 Excellent Paper Award Bronze Prize、SONY U24 CO-CHALLENGE 2020 ファイナリスト。出展歴に東京大学制作展、SICF20。都市と人をつなぐテクノロジーとアートの可能性を追求するために、スペキュラティブ・アーバンデザイナーとして活動。併せて都内の総合ディベロッパーで勤務。

FEATURING WORKS

ファッション・音楽・映像・グラフィック・イラストレーション...etc
同時代のリアルな感覚を共有できるアーティストとともに創造する新たなカルチャー体験の作品群。

SELECT CATEGORIES

BACK TO TOP