Design Your Ultra Experience

SILVER

awards_top.jpg

Emma VR: Painting Life

Wyatt Roy

 

私は友人エマのアートギャラリーで、彼女の絵画を見ていた。絵は大きくて美しいものだったが、どのようなメッセージを伝えようとしているかは分からなかった。私は彼女の絵の中に入りたいと思った。そして、その絵が生まれた場所に案内してもらうよう頼んでみると、彼女が絵の中で使っている彫刻を見せてくれた。私は理解しようとしたが、まだ何かが欠けていた。その晩は彼女の寝室で眠りにつき、気付くと壁の絵が私の心の中で踊っていた。そしてそこで彼女の彫刻や絵画を触発した物語に触れた。私は絵画を通して、彼女の心の中に入ったことを実感した。
私は芸術作品の背後にいるアーティスト、絵画の背景にあるストーリーを知る機会を、他の人に提供したいと思っています。

 

応募者プロフィール

 

Wyatt Roy

コマーシャル映像作家、VRアーティスト|アメリカ

 
 

Wyattはコマーシャル映像作家兼VRアーティスト。ワシントンDCで生まれ、オーストラリア・シドニーで育ち。その後米国に戻り、スタンフォード大学で心理学の学士号を取得。社会問題を扱うエモーションドリブンな短編動画を制作するクリエイティブなエージェンシーMaku(makucreative.com)を設立した。 他人の体験談を聞き、それをショートフィルムやバーチャルリアリティーに落とし込むことを好む。現在は米国ボストン在住。

 
awards_top_dark.jpg
 

JUDGES' COMMENTS

個人的には金賞を与えたかった作品。ベタベタな美術館を歩くだけかな、って思ったら絵を鑑賞するだけでなく絵の中に入れるってのが面白かった。VRの長所をしっかりと作品にいれていて、グラフィックのレベルもコーディングもしっかりと安定してた感じ。ちなみに彼が作ったもう一つのWhisper National Parkもメッセージだったり音の聞こえ方がすごくきめ細かくて好きでした。

m-flo ☆Taku
プロデュース・ユニット

 

映画で一番好きな作品は、映画でしかできないことをやっている作品。一番好きな小説は、小説でしかできないことが書かれている作品。メディアの特性を活かした作品が大好物なんですわ。 この作品は、VRでしか味わえないことをやっていると思う。それが顕著なのはスケール感の移動にフォーカスしているところ。VRは主観ビューなので、他メディアでは表すことのできない「自分の大きさが変わっちゃった」感を武器にできる。そこが素晴らしい。

伊藤ガビン
編集者

 
award_dettail_bg.jpg
gray_back.png