Design Your Ultra Experience

HIDEKI MATSUTAKE AWARD

awards_top.jpg

prints

Yuki Matsuoka

 

インターネットやスマートフォンが身近になった今、写真のあり方は大きく変わった。写真は電子媒体の形でデータ化され、WEBに流通するようになり、イメージは氾濫した。さらに近年では「Instagram」の登場により、ネットワーク、そしてモバイル独自の特徴から生まれる美学も提唱されるようになった。発明期の魔術的な性格、人々の欲望を反映するイメージ、常に新しい時代の政治性と結びついていく写真というメディアは、テクノロジーの進歩によって浸透しつつあるVR空間でいかに立ち現れるのか?その美学とはなにか?身体性の諸問題を拡張するものなのか?

printsは深度カメラで撮影したイメージをネガとして現像し、VR空間に記述する写真である。フォトグラメトリーや3Dスキャンが現実世界を再現する手法であるのに対し、printsはイメージをVR空間に定着させることを提唱する。コンピュータによってシミュレーションされる世界で、「自然の鉛筆」の足掛かりとなることを願う。

 

応募者プロフィール

 

Yuki Matsuoka

写真家 / プログラマー|日本

 
 

1991年生まれ。2016年首都大学東京大学院システムデザイン研究科修了。東京在住。
表現手段としての写真と、写真を取り巻く環境に興味を持っている。

 
awards_top_dark.jpg
 

JUDGES' COMMENTS

2D画像はアナログ(ライン)デジタル(ドット)の集合体であり、近づき観る角度を変える事で3D形状となり、それらを確認分析する面白さがある。 アナログ、デジタルは音楽分野でもそうであるように、この作品に奥行きのある音を付けてみたくなった。

松武秀樹
音楽家、シンセサイザー・プログラマー

 
award_dettail_bg.jpg
gray_back.png