Design Your Ultra Experience

GOLD

awards_top.jpg

Emoco's First Private Exhibition

えもこ

 

こんにちは、バーチャルYouTuberのえもこです。私はバーチャル空間でVRライブペイントを行い、その様子をYouTubeなどで配信しています。しかし、YouTubeの映像では、私のVRアートが平面的で不完全なものになってしまいます。そこで私は完全なVRアートとその描画工程の映像を鑑賞できる「バーチャル個展」を行う事にしました。(恐らく)バーチャルアーティストによる世界初の個展となります。ぜひ見に来てくださいね。

 

応募者プロフィール

 

えもこ

バーチャルYouTuber /バーチャル美術家|日本

 
 

2018年4月
仮想世界で生まれる / YouTubeチャンネルを開設
2018年5月
バーチャル空間でVRライブペイントを始める
2018年6月
誰でも無料で利用できるバーチャル美術館「VMuseum」をVRChatに建設する
2018年7月
広島の厳島神社でARペインティングを行う
2018年8月
VRアカデミアの美術史教師に就任 / YouTubeのチャンネル登録者数1000人達成 / 「Emoco's First Private Exhibition」をSTYLYで開催

 
awards_top_dark.jpg
 

JUDGES' COMMENTS

この作品は、クリエイター主導だと感じた数少ない作品の一つであり、他人のオブジェクトを使うことなく一途な姿勢で作られたものだと感じました。また、シンプルなストーリーで、VR内をスムーズに動き回ることができました。それぞれのイベントに焦点を当てた空間設計は、闇雲に広がることのなく、この作品に丁度よくフィットしています。他と比較してこの作品には、仮想モーションキャプチャで多くの動きが含まれており、作品の視覚的な部分に大きく寄与しています。

デビッド・オライリー
アーティスト

 

今回、ロケーションは違いつつ美術館的なアプローチが多かったなか、ひねりをいれた作品。Vtuberがアート作品を作っていくというテーマも面白いんだけど、展示されている作品を目の前で作っているところに引き込まれました。しかも作っている作品は立体的な絵を描いていく絵の彫刻ってのもデジタルならではのアプローチ。展示されている作品を見ていくなか、ちゃんと起承転結も作れていた。

m-flo ☆Taku
プロデュース・ユニット

 

まずVRすなわちバーチャルリアリティの名を冠したアワードに、バーチャルアーティストが参戦してきているという仮想現実の入れ子細工というか箱根細工というかマトリョーシカというか、ソコですよね。仮想現実の「リアル」は、物理的な存在である僕らよりも、バーチャル人格であるえもこさんにとってのほうがリアルかもしれない。えもこさんの作る「作品」はある意味凡庸ですが、空間の高低差の作り方など総合力が高かったように思います。

伊藤ガビン
編集者

 

まず、バーチャルな存在であるYouTuber「Emoco」のアイデアが素晴らしいですね。Emocoは、親しみやすくて変化に富み、インターネット時代のライフスタイルの可能性を示していると思います。また「Emocoの初めての展示会」というテーマ設定は、VRでどういうクリエイションができるか、見る人の想像力を刺激してくれます。VR技術を使い、どうやって作品を作ったのかが見えるのも、この作品を特別なものにしていると思います。現実世界では作品の制作過程をみせるのは難しいですから。本作はYouTubeチャンネルを通じて、VRの様々な作り方手法を紹介しており、一般の人がVR世界に参加するための現代的な方法を提供しているのだと思いました。

陳怡潔 │ Agi, Chen Yi-Chieh
アーティスト

 

映像完成度から観ればGold prizeに相応しい作品である。 迷路の部屋を進み視線の角度高低を変えることで多彩な情景を楽しむ事が出来て漫画イラストの楽しさ面白さが表現されている。 しいて言えば音楽のループポイントがズレているのが残念。

松武秀樹
音楽家、シンセサイザー・プログラマー

 

バーチャルYouTuberで、ストリーミングでVRアートなどを披露して、とてもインタラクティブなところが面白い。アイディアや新しい「形」や「物」を表現するに当たり、Emocoさんの様なVRアートを描く手法で、近い将来にVR上でデザイン会議などもできるのでは?と思いました。

m-flo VERBAL
プロデュース・ユニット

 
award_dettail_bg.jpg
gray_back.png